HACCP講習会に出るだけではHACCPはできない?

2020年6月から、食品衛生法が施行され、いよいよHACCP導入の波が来ます。それを受けて、各地でHACCP講習会が開催されています。

忙しい合間を縫って参加した講習会。

でも、講習会に参加しただけでHACCP導入はできるのでしょうか?

1.HACCPの考え方と仕組みが分かれば、導入は可能

海外へ輸出したりしている食品製造業者や大規模な食品製造業者にとっては、HACCPは馴染みのあるものかもしれませんが、一般の飲食店や小規模な食品製造業者にとっては、HACCP自体、初めて聞く言葉という人が多いのではないでしょうか。

HACCP導入の際には、HACCPがどんなものか、というのを知る必要があります。それを知る機会として、講習会やセミナーはとても有効ですが、情報があふれているインターネットでも、概略を知ることができます。

HACCPの概略を説明したこちらのブログもご参照ください。

HACCPの概略が分かれば、次は、HACCPの考え方を理解することです。

HACCPはどういった考え方に基づいて衛生管理をしているのか、これをしっかり理解することで、HACCP導入につなげることができます。

HACCPの概略や考えた方を理解した後は、具体的にどのように導入するか、です。

HACCPは、どんなにHACCPコーディネーターがうまく計画を立てたとしても、従業員がやらなければ、全く無意味な計画書になってしまいます。

実際にやるのは、お店の従業員全員。現場を知っている経営者自ら計画を立てる、ということはそんなに難しいことではないでしょう。

特に、飲食店向けHACCPにおいては、業界団体などによって、書式も用意されているため、その書式に沿って書類を作成することで、HACCP導入の一歩となります。

2.HACCPの基本は、実践し、チェックし、改善すること。

HACCPの講習会やセミナーで基本を学び、実際に書式を使って計画書を作成します。それに従って実践し、チェックを記録していきます。そして、一定期間ごとに記録をチェックして、さらなる改善に努めます。

HACCPでは、衛生管理を実施することも大切ですが、記録を残す、ということが一番大きな特徴です。

記録を残すことで、見直しもしやすくなり、お店の改善に役立てることが出来ます。

3.行政書士のHACCPコーディネーターを利用するメリット

HACCPでは、計画書を作成したり、チェック表を作成したり、と書類作成が必要になってきます。

そのため、HACCPの講習会やセミナーに参加しただけで終わりではなく、店舗でHACCPを導入しようとしたら、それに伴う書類作成をしなければならなくなります。

また、普段やっている衛生管理と同じであれば、当たり前のようにやっているから記録しなくていい、となります。

それでは、HACCP導入にはなりません。

普段やっていることを文書化、記録化する、というのは、当事者では意外と難しく感じるものです。

さらに、時間的な制約もあります。

本来であれば、仕込みなどの準備や新メニューの開発に力を入れるところを、慣れない書類作成に時間を取られてしまう、ということもあります。

そこで、役に立つのが行政書士のHACCPコーディネーターです。

行政書士は、元々書類作成のエキスパートとして仕事をしています。

目に見えないノウハウや魅力を「見える化」することを得意としています。

その行政書士がやっているHACCPコーディネートは、聞き取りによる、「見える化」をし、まさにHACCP導入に向いていると言えます。

4.まとめ

HACCP講習会やセミナーまたはインターネットなどでHACCPの基礎、考え方を学ぶことができますが、それを実践するかどうか、がカギとなります。

HACCPは計画段階から書類作成が必要になり、記録の管理なども必要です。

そうした書類作成などが面倒であれば、「見える化」を得意とする行政書士のHACCPコーディネーターに依頼するのが早いでしょう。

飲食店HACCP導入支援も行っております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です