HACCP(ハサップ)とは?2分でわかるHACCP説明

正式名称は、Hazard Analysis and Critical Control Point(ハザード アナラシス アンド クリティカル コントロール ポイント)といいます。

日本語に訳すと、「危害要因分析と重要管理点」です。

HACCPを日本語読みすると、ハサップ、または、ハセップと呼ばれたりしますが、厚生労働省が出している参考資料には、「ハサップ」とフリガナがあるので、ハサップと呼ぶのがメジャーのようです。

では、HACCP(ハサップ)とは、どういうものなのでしょうか?

一言で言えば、

世界基準の衛生管理のやり方です。

衛生管理? そんなの、当たり前にやっているよ。

と思われるかもしれません。
日本では、飲食店許可を取るために、当然、衛生管理は必要です。

手を洗ったり、器具を消毒したり、掃除したり・・・。
しかし、それらは、「一般衛生管理」と呼ばれるものです。

HACCPにおいても、もちろん、一般衛生管理は重要ですが、HACCPは、食材を納入した時からお客様に提供するまでの間の管理を行う、という点で大きく異なっています。

科学的な根拠を用いて、どこに食中毒の危険があって、いつどうやったら食中毒の危険を減らすか考えて、チェック項目を決めます。

HACCPはそれを目的に衛生管理をしていきます。

日本で営業している飲食店は、営業許可を取っていて、衛生管理もされていますね。

でも、食中毒は無くならない。

アメリカでは、すでにHACCPが飲食店に導入されています。そして、導入によって食中毒の減少が認められています。

HACCPは、今現在では、最新の衛生管理のやり方。

それを取り入れることで、食中毒を予防することができます。

しまった!食中毒が出た!

となってからでは、手遅れです。

今だからこそできることがあります。

HACCP導入をお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

1件のコメント

  • こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です